結局大事なのは◯◯力

ご相談者の中で、旦那さんに無視されていたり、必要以上のことを話しかけられないという方は割合的に多いです。



そういう時にまず最初に目指すのは、【会話を増やすこと】なのですが、闇雲に話しかけるのでは逆効果なことがあります。



今回は、やってはいけない会話と理想的な会話。そして、結局大事なことは何かということについてお伝えします。



やってはいけない会話とは

旦那さんとのコミュニケーションがうまくいっていない時に逆効果になりやすいものは、例えばこんな会話です。




夫「ビールなくなってきたから、今度スーパーに行ったとき買ってきておいて」

妻「うん、わかった。・・あ!そうそう、この前スーパーでこんなことがあったんだよ」



一見、旦那さんの言葉に乗ってうまく会話を展開させているようにも感じますが、これが問題ない会話だと思っている方は要注意なのです。



いけないポイントの見極め方

なぜこの会話がやってはいけない可能性が高いのか、3つのポイントを見ていきます。



1.起こったことを報告するだけの表面的な会話になっている

関係が良好ではないときの表面的な会話は、お互いとてもわずらわしいものです。(特にご主人にとって)



あまり仲良くないご近所さんとの天気の会話や、あまり仕事関係のあまりよく知らない人との雑談などと同じです。



もちろん、表面的な会話も、そこから親しくなって行く最初のステップなので、完全にNGなわけではありません。



しかしながら、それは、お互いに歩み寄ろうという意思があってのことです。



今、あなたは旦那さんに歩み寄りたいと願っていますが、旦那さんはあなたに歩み寄る意思がありません。



そういった一方通行の状態での表面的な会話は、特にわずらわしいと感じられてしまうかもしれません。



そうなってしまうと、逆効果ということになります。



2.その話題にご主人は興味がありますか?

旦那さんが、「ビール買っておいて」と話した時に、奥さんのスーパーでの出来事を聞きたかったか、ということです。



女の人は頭の中に思い浮かんだ出来事を次から次についつい話してしまうという性質を持っている(人が多い)ですが、男の人からしてみると、何を思いつくままに話しているんだ、状態なことが多いです。



ご主人があなたのことを【何をしても愛しい】と思っている状態でなら、何の問題もありません。



しかしながら、夫婦関係が悪い時に、相手に起こった出来事の話を聞きたい人は稀です。



ほとんどの場合が「鬱陶しいな」と感じられてしまいます。



自分に起こった出来事は話題にしやすいものですが、相手がそれに興味がないことも多く、そのときには良好なコミュニケーションを取ることは難しくなりますので、注意する必要があるのです。



3.旦那さんはあなたと会話をしたそうですか?

旦那さんが奥さんのことを無視するくらい塞ぎ込んでいる場合、奥さんと話したくないと思っていることがほとんどです。



もしくは、そこまで関係が悪化していなくても、今はそこまで話したくないということもあります。



そういう時に無理に会話を続けると、旦那さんとしては、面倒だと思ってしまうかもしれません。



吉と出るか凶と出るかわからない今の状況で、あなたの【買い物先での出来事】を話題にすることは、かなりギャンブルです。



なぜやってしまうのか

なぜ、せっかく良いコミュニケーションを取ろうと思っているのにこんな会話をしてしまうと思いますか?



それは、【会話の目的を見失っている】からです。



なんのために旦那さんとコミュニケーションを取るのでしょうか?



それは、【旦那さんと良い関係を保つため】に他ならないと思います。



その目的をきちんと意識できていれば、そこまで大きなミスはしなくなります。



それが、焦りや不安から、【旦那さんと良い関係を保つため】ではなく、【コミュニケーションを取る】ことを目的にしてしまうことがあります。



手段と目的が入れ替わってしまうんですね。



そうなると、とにかくなんでもいいから会話をしなくちゃいけない!と思い、逆効果な会話をしていることに気づかず、深みにはまってしまいます。



会話をするときに忘れてはいけないこと

では、会話する時は、どんなことを考えていれば間違いが起きにくいと思いますか?



ポイントは3つ、【テーマ】と【内容】と【タイミング】です。



たった3つ。



しかしながら、この3つのどれかひとつでも失敗してしまうと、途端に会話はダメなものになってしまいます。



1.テーマとは

テーマとは、主題のことです。



何について話しているのか、というところです。



話の大枠なので、そこからさらに色々な話題の選択肢があります。



一度はじまった会話は、このテーマに則って進みます。



そこで思い出していただきたいのが先程の夫婦の会話例です。



実は、最初に紹介した失敗の会話は、この【テーマ】が噛み合っていません。



「ビールなくなってきたから、今度スーパーに行ったとき買ってきておいて」



という旦那さんの言葉のテーマ「ビール」か「買ってくるもの」です。



けれども、奥さんの答えたテーマ「スーパーでの出来事」です。



そこにすれ違いが発生してしまっています。



奥さんも「ビール」か「買ってくるもの」にテーマを合わせて答える方が、旦那さんとの会話が盛り上がる可能性が高まります。



「旦那さんがはじめた会話のテーマを変えない」ということが重要になってきます。



2.内容とは

内容は、字の通り【話す内容】です。



テーマの中でさらに細分化されたものです。



これは、同じテーマの中なら、ある程度変わっても問題ありません。



旦那さんの「ビールなくなってきたから、今度スーパーに行ったとき買ってきておいて」に対して、



「うんわかった。他に買ってほしいものある?おつまみとか」



と、「買ってきてほしいもの」というテーマの中で、「ビール」という内容から「おつまみ」という内容に変わることができます。



さらに「ビール以外のお酒とかも買っておく?」といったように、どんどんと内容を変えることだってできます。



ただ、その内容が、旦那さんの興味がないものだったら、全く意味がありません。



旦那さんがビールしか飲まないのに、

「ビール以外のお酒も買う?この間すごい美味しそうな梅酒があってね、今日はそれがセールみたいだから、気になってるんだ」



と話しても、旦那さんの心は動きません。



内容は変わっても問題ないものなので、その時は「あ、この内容は興味ないんだ」と思い、他に興味ありそうな内容に変更するのがベストです。



また、【内容の特徴】は、好き嫌いがそこまで頻繁に変わらないことです。



ビールについて話したい人が急にビールについて話したくなくなることはあまりないですし、逆に話したくない内容が急に話したい内容になることもあまりありません。



ということは、、この人はこの内容が好き、というのをストックしておけば、自然に盛り上がる会話ができるようになっていきます。



旦那さんと一緒に過ごした時間の長いあなたの強みを活かすところはここになります^^



3.タイミングとは?

ポイント3つ目の最後。



それは、【タイミング】です。



旦那さんとの関係が良好であったとしても、いつどんなときでも話しをしていい訳ではありません。



例えば、旦那さんが高熱でつらくしているとき、大して重要でもない話をしても、「なんで今その話をするの?」と思われてしまいます。



他にも、




・旦那さんが何かに集中しているとき
・仕事で重い課題があり悩んでいるとき
・機嫌が悪いとき etc



夫婦関係の良し悪しとは関係なく、話さない方が良いタイミングがあります。



これは、夫婦関係に限らず、人と人とのコミュニケーションには察する力が必要ということです。




さらに注意しなければならないことがあります。



それは、良いタイミングではじまった会話でも、急にタイミングが悪くなることがある、という点です。



旦那さんとご機嫌に会話が進んでいても、旦那さんが触れてほしくない内容に触れてしまったり、旦那さんが急に他の用事を思い出したりしたときは、会話をだらだらと長続きさせず、さっと切り上げるのがベストということです。



また、逆に、旦那さんがもっと話していたいと思っているタイミングではどんどん話すのがいいですね。




常に【今が話すタイミングなのか】を気にしながら会話をすることがとても重要です。




つまりは【察する力】【相手を思いやる力】これが非常に重要だということになります。




・テーマを急に変えない

・相手が興味なさそうなら同じテーマの中で他の内容にする

・話すタイミングは常に意識する




この3つをきっちり意識できると、会話でミスをすることが激減するので、意識してみてくださいね。



コミュニケーションが上手な人とは

上の項目を読んで「難しくてできそうにないな」なんて思う人もいるかもしれませんが、実はこれは【慣れ】です。



ではここで、理想的な会話の例を紹介します。




夫「ビールなくなってきたから、今度スーパーに行ったとき買ってきておいて」

妻「うん、わかった。ビールだけでいい?」

夫「うん」

妻「何かほしいおつまみとかあったら言ってね。一緒に買っとくから」

夫「そしたら、柿ピーみたいなおせんべいも買っておいて〜」

妻「はーい!わかった」



こんな感じです。



そこから、用件以外の内容でも話せそうならそのままお互いが楽しめる会話を続け、無理そうならそこで切り上げる、という判断をしていきます。



いかがですか?そんなに難しい流れではないと思いませんか?



コミュニケーションが上手な人は、これを無意識にやっているだけで、特に頭が良いとか才能があるという訳ではありません。



全ては【慣れ】ですので、ひとつずつ慣れていってください。



良好なコミュニケーションのためにまずすべきこととは

結局、大事なのはコミュニケーション力です。



良質なコミュニケーションのためにすべきことは、まずはテーマを揃えるところからはじめるということです。



そして相手に合わせて【内容】を変えたり相手の好きな内容を把握していき、最後に【タイミング】を意識することができるようになってください。



これが自然にできるようになると、旦那さんだけでなく、全ての人との会話が有意義なものになりますよ。



コミュニケーション上手は生き上手、です。



まとめ


結局、生きていく上で大事なのはコミュニケーション力。


コミュニケーション力があるということは、【察する力】があるということ。
【察する力】は、夫婦関係のみならず、全ての人間関係において重要な力です。



まずあなたに今必要なのは、【状況を冷静に見つめること】です。



【察する力】を身につけ、これからの未来をより幸せに歩いていくためにも、【コミュニケーション力】を磨いていきましょう。



【鈍感力】【スルー力】も時には大事ですが、今現在あなたが抱えている悩みは、夫婦間のコミュニケーションがこじれた結果だということをまず認識し、核となる部分の立て直しに尽力しなくてはなりません。



忘れてはいけないことは、夫婦の絆さえしっかりとしていれば、不倫問題にまでは発展しないということです。



あなたの欲しい未来はどんな未来でしょうか?



あなたが幸せだなぁ・・と感じられる景色の中で、隣で一緒に笑っているのは誰でしょうか?




苦しい心の内は、夫婦問題解決のプロにゆだねて大丈夫ですよ^^



【心のエクササイズ】をしながら、一緒に心の軸を整えていきましょう。



心の軸が整うと、幸せな未来に近づくための選択が自分でできるようになりますよ^^



心の軸を整えるためには【心のエクササイズ】が断然効果があります。



夫の浮気解決マニュアルに特典としてついている無料相談にて体感していただくことも可能です。



マニュアル詳細はこちら

無料メルマガにて学びを深めたり、私西原亜紀子についてもっと知っていただいてから・・というのももちろんオススメしています。(下記より簡単に登録可能です)



無料メルマガ登録はこちら

安心して話せそう、私の話を聞いて欲しいな・・と心を決めてから、あなたのタイミングで選択していってくださいね^^



3ヶ月講座ではもちろんですが、1dayセミナーやイベントでも、私のもっている知識を時間の許す限りお伝えしていますので、ぜひお越しくださいね。

1dayセミナー・イベント情報はこちら




あなたの人生が変わることをお約束いたします。



あなたの幸せを心から祈っています。



愛され妻カウンセラー

西原亜紀子

無料メルマガ登録<2大特典付き>

ミニ相談30分

夫婦再構築30分カウンセリング


担当カウンセラー

愛され妻カウンセラー 西原亜紀子
離婚せずに解決したい。
夫の心を取り戻したい。
子供のために夫婦仲を改善したい。夫婦の人生の歩幅を合わせるために今何が必要なのかを整理いたします。探偵・占いに行く前にできること
浮気の証拠を集める前にすること夫婦再構築を何から始めたらいいのか
今何も考えられない
という方向けのカウンセリングです。 

【夫の浮気解決マニュアル】

を購入するかどうかお悩みの方も

まずご相談下さいね。

 

お申し込み完了後、ご希望のお日にちを3日程ほどおしらせください。

初回限定30分電話相談お申込

 

 

最近の投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事